株式会社ジャパンフレッシュセンターは東京都新宿区で青果物及び生鮮食品の卸販売と店舗の販売指導を行っている会社です。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 1

    アクセスマップ


    中央本線 JR大久保駅から徒歩6分。

    山手線 新大久保駅から徒歩9分。


    東京市場カレンダー

    新着情報

    Instagram

    NPO法人 流通農業大学

    NPO法人流通農業大学

    産地紹介

    生産者情報 北海道石狩郡新篠津村
    たまねぎ農家 三上さん

    クリックで詳細情報を開きます。クリックで詳細情報を閉じます。

    生産者情報 北海道広尾郡大樹町
    じゃがいも農家 辻本さん

    コラーゲン栽培の北海黄金を主力の生産物としています。
    今年は、南瓜、ニンニクも生産します。
    今、現在北海道の農業は大規模農場で、機械化が主流となっております。それにより「機械に合わせた栽培体系」になっています。そのため、作物本来の生育を全うできない栽培にならざるを得ません。その中で当農場は「作物本来の能力を引き出す栽培方法」を第一に考えて、作物の生育にあわせた栽培体系に重点を置いています。栽培体系の特徴、例えば、種イモの種子消毒時に、薬剤だけでなく、種イモ自体の能力を上げるためにコラーゲン、籾殻酢、キトサン(カニ殻などからの抽出液)を用いています。また、畑作りにおいては、排水性をよくし、発根を促す土壌にして、植え付けをしています。微量要素、コラーゲン栽培の特性、当地域は十勝の中では気温が低く、生育がよくないため、コラーゲン(アミノ酸)を葉面に散布し、根張りやでんぷんの蓄積を促しています。肥料にも有機質を主体にし、コラーゲン切片を配合しています。したがって、秋には完熟したイモが収穫できます。コラーゲンは当農場にとって、なくてはならないものなのです。

    クリックで詳細情報を開きます。クリックで詳細情報を閉じます。

    生産者情報 北海道和寒町
    キャベツ農家 濱田さん

    濱田さんの雪の下キャベツ・北海道・和寒(わっさむ)町
    雪の下で越冬させて甘味を蓄えた、とびきり美味しいキャベツです。

    クリックで詳細情報を開きます。クリックで詳細情報を閉じます。